「中間テストでいい点取りたい!」
「基礎から勉強したい!」
「もっと勉強したい!・・・
そんな子供たちの希望強くなるにつれ、
現代の学習環境は、複雑化してきていますが、
家庭教師も、そんな選択肢の一つとなります。
このホームページは、
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、
様々な視点で、家庭教師のことを書いているホームページです。

トップページ  >  家庭教師の依頼の方法

家庭教師の依頼の方法

派遣会社などを利用するメリット・デメリット

家庭教師派遣会社には、長い間、経験から培ったノウハウを持っています。
また、家庭教師は、派遣会社からの指導により、生徒さんへの教え方のノウハウを教えられていることが多いです。東京・神奈川・千葉など地域別の指導法もあります。また、授業が始まった後も、所属する家庭教師派遣会社が、家庭教師の指導法をチェックしていたりするので、ある程度の家庭教師の”質”の面では、心配することはほとんどないでしょう。

逆にデメリットとして、入会金を支払う必要があったり、また授業料も比較的高めとなることが多いようです。また、家庭教師派遣会社の中には、家庭教師の派遣だけでなく、それに必要だとして、高額な教材の購入を必要としている業者などもあったりするので、派遣会社選びにはよく比較したりして、注意する必要があります。

”個人契約”で家庭教師をお願いするという方法

次に、家庭教師派遣会社を通さず、家庭教師と直接個人契約を結ぶという契約法もあります。

家庭教師側としては、家庭教師派遣会社から紹介してもらう場合、中間マージンを業者に取られてしまうため、個人契約を希望する家庭教師も少なくありません。

個人契約のメリットとデメリット

個人契約で家庭教師を雇う場合には、高額な入会金などの料金が不要であったり、授業日や指導時間などの講義の時間を柔軟に対応してくれやすいというメリットがあります。
これが家庭教師派遣会社から派遣された教師であった場合、派遣会社の業務規則などにどうしても拘束されがちになってしまい、例えば今日は生徒のやる気がないようなので、授業時間を減らしておきたいと考えたとしても、家庭教師個人の裁量だけでは出来ないことなど、融通が利きにくい面が多いです。
これが個人契約でとなると、家庭教師は自分自信の裁量で、テキストや学習時間を決定することができるので、比較的柔軟に対応することができます。

デメリットの問題になると、個人契約の教師の質がどの程度なのか測りにくい面や、生徒との性格が合わなかった場合、家庭教師を変えようとしても、代わりの家庭教師を自分自身でまた探さなくてはならないといったところでしょう。
個人契約の場合では、教育方針やカリキュラムのことなどを、親と家庭教師のみで決めていかなくてはならない面があります。
そして、家庭教師をお願いしたところで、どのような家庭教師なのかは、実際に連絡をして、話をしてみたりするまでは、全く知ることができません。
そのため、教師の質など、実際のところがよく分からないまま、実際の授業に突入してしまう・・といったことが多くなってしまいます。
そういった、家庭教師の質や、人柄などの面で、事前に覗きにくい面が、一番のデメリットといえるでしょう。

recommend

電話占いで恋愛問題を無料相談
http://www.anni-v.jp/

2017/3/2 更新

ページ上部へ