「中間テストでいい点取りたい!」
「基礎から勉強したい!」
「もっと勉強したい!・・・
そんな子供たちの希望強くなるにつれ、
現代の学習環境は、複雑化してきていますが、
家庭教師も、そんな選択肢の一つとなります。
このホームページは、
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、
様々な視点で、家庭教師のことを書いているホームページです。

トップページ  >  後悔しないための、家庭教師の選び方

後悔しないための、家庭教師の選び方

このページでは、良い家庭教師を選ぶにはどうしたらよいのか・・家庭教師を選ぶときに、気をつけておくべき点について、書いていきたいと考えています。

生徒さんと、家庭教師の相性

もちろんありえる事なのですが、家庭教師にも当然「当たりはずれ」というものがあります。
家庭教師も人間同士で直接触れ合う商売です。 それは仕方のない事です。
ですので、簡単に、どの家庭教師が優れているのかといったことはハッキリいえません。

仮に学校の先生や塾の先生などをみた場合は、これらの先生たちは受け持つ生徒数が多いため、多くの生徒から評判が良ければ、それが”良い先生”ということになりますが、家庭教師の場合は違います。
基本的に家庭教師は生徒とは”一対一”の相手をします。ですので、生徒との相性がどの程度合うのか、家庭教師を選ぶ上において、この相性の問題は重要な要素となっています。

”学歴の良い”家庭教師は「優秀」な家庭教師?

よく言われたり、イメージにあるのは、「有名大学に在籍している家庭教師が優秀なのではないか」ということです。
それに、家庭教師派遣会社でも、”有名大学に在籍する家庭教師しか採用していません”といった宣伝をしている業者もあります。
では、有名大学の先生は、優秀な家庭教師である・・というのは本当の事なのでしょうか?

確かに、有名大学に在籍しているというのは、これまでずっと勉強ができていたから、そういった大学にもいけるため、優秀な成績であったのには違いないでしょう。
ですが、「自分が勉強して優秀な成績となった」ということと、「人に教える」ということは全く違います。

有名大学に在籍している家庭教師は、これまで自分自身の勉強はできたものなので、勉強ができないような生徒に対しては
「何故こんな簡単なことが分からないのか?」
などろ、 とイライラしてしまったりすることもあります。
そういった家庭教師の方は、自分自身で全て勉強して、成績を上げることが出来たと思っている人もいるのでしょう。その自身からつい、同じ勉強しているのに、なぜそれが出来ないんだと考えてしまう人もいるのでしょう。
もちろんそういった家庭教師ばかりではありません。有名大学の家庭教師の中には、教え上手で優秀な先生はたくさんいます。
ですが、有名大学の先生だからといって、必ず優秀な教師だと安易に決め付けてはいけないと思います。

では、優秀な家庭教師とは、どのような教師なのでしょうか?

Valuable information

Last update:2016/3/10

ページ上部へ