「中間テストでいい点取りたい!」
「基礎から勉強したい!」
「もっと勉強したい!・・・
そんな子供たちの希望強くなるにつれ、
現代の学習環境は、複雑化してきていますが、
家庭教師も、そんな選択肢の一つとなります。
このホームページは、
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、
様々な視点で、家庭教師のことを書いているホームページです。

トップページ  >  後悔しないための、家庭教師の選び方

後悔しないための、家庭教師の選び方

生徒のことを、よく見ていること

優れた家庭教師の人の中には、生徒の性格、行動をよく熟知している方がいます。
そうして生徒のことをよく知っていなくては、生徒が宿題をやってこなかった時・そして成績が思うように伸びない時や、やる気が出ないときなどに、生徒さんに対して適切なアドバイスを行うことは難しいです。また、そのような家庭教師は、生徒さんからも慕われやすいことでしょう。
それでは、家庭教師を選ぶ段階において、どの家庭教師が生徒をよく見てくれるのか・・を判断したらよいのでしょうか。

まずは、面接や体験授業などで、家庭教師が生徒さんに対して、どの様に話しかけているかを見るようにしてみたらよいと思います。家庭教師が積極的に生徒さんに話しかけている様子だったなら、好感触だと思っても良いと思います。

不安なのは家庭教師も一緒

生徒さんの気持ちでは、初めて会う家庭教師ということで、どんな家庭教師なのだろう?厳しい?または優しい?話しやすい人なのかな・・といった、不安な気持ちを持って、面接や体験授業を受けることになるでしょう。
しかし、家庭教師の方が、実は生徒よりももっと不安になっていることもあります。

生徒さんが思うのと同じように、この生徒はどんな子なのかな? この生徒はやる気を出してくれるのかな? 自分と打ち解けて勉強に励んでくれるのかな? 私はこの生徒の成績を上げることができるのだろうか?・・などと考えてしまい、家庭教師の側もも非常に不安に感じるものです。
生徒さんの側に言わせてもらえば、もし家庭教師と性格が合わない・成績が上がらないなど、納得する結果に無ければ、その家庭教師をクビにするといったことも可能です。
これが家庭教師派遣会社であれば、その業者に対して、その代わりの先生を頼むこともできます。
ですが、家庭教師は”仕事”として”家庭教師”をしています。
責任感が強い家庭教師・またはベテランな家庭教師ほど、生徒さんの性格を知ろうとします。

生徒さんの性格がおおよそでも理解してあげられれば、性格やコミュニケーションのミスマッチを予め防げますし、また実際の授業においても、その生徒さんの性格に合わせて指導することが可能になります。

ページ上部へ